めしきき

2024.2CALENDAR

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
TODAY
休日

2024.3CALENDAR

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休日

めしきき

松浦漬3缶(化粧箱入)

4,104(税込)

41ポイント獲得!

数量

ギフト包装(ラッピング)

熨斗(のし)1

熨斗(のし)2

表書き

名入れ

手提げ袋

売り切れ
カートに入れる
独自商品コード
GM01-5002
製造者
有限会社松浦漬本舗
温度帯
常温

この商品についてのレビュー
レビューを書く

レビューはまだありません

生産者の想い

生産者の画像

門外不出!伝統の製法と味。
秘伝の「松浦漬」とは?

 

【伝統製法で作られた松浦漬】
「かぶら骨」と呼ばれる鯨の上あごの軟骨を、秘伝の味付で甘く調味した酒粕に漬け込んで作っています。
滑らかな舌触りの酒粕とともに、かぶら骨のコリコリとした食感を味わう佐賀県呼子町の名産品です。
白いご飯にのせたり、日本酒や白ワインのおともにもぴったりの一品です。

捕鯨基地としての歴史から鯨の食文化が発達していた呼子でしたが、かぶら骨は利用価値が少なく、調理法もほとんど皆無でした。
しかし、かぶら骨の持つ独特の食感に注目した創業者の山下ツルは、酒粕にかぶら骨を漬け込むことを思い立ち、試行錯誤の末、現在の松浦漬の製法を編み出しました。

明治25年に創業し、明治40年には「松浦漬」という名で商標を取得しました。
情熱と労力をかけて培った製法だけに、ツルはその製法の流出を一切禁じました。
いまも松浦漬の味付け、調合比率を知るのは社長ただ一人。
家伝の秘法として代々受け継がれています。最終工程は必ず社長自らの手で・・・
このような決まり事によって、松浦漬の伝統製法、伝統の味は守られているのです。

めしきき5がセレクトした、こだわりの逸品をご紹介!


内倉メグミ

アイデアをカタチに!
創業者の山下ツルの松浦漬作りに対する、並々ならない努力と思いが詰まった逸品!

 



利用価値が少なく、調理法もほとんど皆無だった「かぶら骨」を商品化することはできないか・・・
創業者の山下ツルは、かぶら骨の持つ独特の食感に注目し、かぶら骨を酒粕に漬け込むことを思い立ち、長年の試行錯誤の結果、松浦漬の製法を生み出すことに成功!
130年前から、SDGsの発想があったとは、驚きの一品です。
これからも時代を超えて、伝統の味わいを守り、伝え続けます。

風味豊かな酒粕の香りで、ご飯もお酒もすすむ!
かぶら骨のコリコリした食感をお楽しみください。

 


かぶら骨と呼ばれる、鯨の上あごの軟骨を酒粕に漬込んで作っています。

松浦漬に使用している酒粕は、日本を代表する酒処として知られる広島県の西条から取り寄せています。
西条から直送された酒粕を深さ3メートルある巨大なタンクにあけ、踏みしめていく「粕踏み」を行い、しっかり踏みしめることで旨味が増します。
粕踏みの後は「寝かせ」と呼ぶ熟成の工程でゆっくり発酵させていきます。
このように、踏みしめて、寝かせて、熟成させることで、風味豊かな香り、滑らかな舌触りの酒粕になります。

細かく刻み、薄くスライスしたかぶら骨は、コリコリした食感が特長です。
熱々のご飯や日本酒、白ワインのおともによく合います!

贈答用の化粧箱にお入れします。

商品説明追加画像1

商品名 松浦漬3缶(化粧箱入)
内容量 180g×3
サイズ/寸法/重量 21cm×12cm×9.5cm
原材料名 酒粕(国内製造)、鯨のかぶら骨、砂糖、食塩、唐辛子/調味料(アミノ酸等)
栄養成分表示 100g当たり(推定値) エネルギー237kcal たんぱく質8.1g 脂質0.8g 炭水化物40.9g 食塩相当量3.05g
アレルギー表示(特定原材料) なし
上記以外の特定原材料 なし
賞味期限/消費期限 製造日より90日
保存方法 直射日光を避け常温で保存
お届けの目安 受注後3日~5日程度
配送業者 ヤマト運輸
その他
送料区分 九州(常温)
※送料区分に関しましてはこちらよりご確認下さい。

この商品を見ている人はこちらもチェック

最近チェックした商品